言問ねこ塾長日記

季節講習会のご案内をしてまいります。

Vol.309 三十九年分の感謝

2021年10月26日

 1992年(平成4年)からだから、もう三十年近く、毎年いろいろな形で表明していることだが、今日10月26日は灰田勝彦先生のご命日であり、毎年私は、この日に感謝の思いをささげて来た。お亡くなりになったのは1982年(昭和57年)、今から39年前のことである。当時私は19歳、大学2年生だった。

 今となっては遠い記憶の彼方のことであるが、当時の私は青春の痛みに溺れかけていて、わずかな救いを求めてその頃「懐メロ」とされていた昭和二十年代までの流行歌に、のめりこんでいた。好んだ歌の大半は悲しい、酒をすすめる歌だったから、いつか私は、「灰田勝彦さんの『新雪』のような明るい歌を覚えよう」と考えるようになっていた。ところがその矢先の10月26日に、灰田先生はお亡くなりになってしまったのである。

 大きな衝撃を受けた私は、すぐにレコードプレーヤーと灰田先生のレコードを買い求め、まず『新雪』から、『鈴懸の径』、『森の小径』などを練習し、覚えて行った。しかしファルセット(裏声)を必要とする『アルプスの牧場』だけは、はじめは無理だと思ったのだが、灰田先生の明るい世界を知るにつけ、「何とかあの歌を歌えるようになりたい」という思いが強くなる。本当の手さぐり、見よう見まね(聞きよう聞きまね?)でもがくうち、2ヶ月後には何とか裏声らしきものが出るようになり、3ヶ月ほどで「アルプスの牧場」が歌えるようになったのだった。

 「新雪」や「アルプスの牧場」を歌えるようになったことで、私の人生は変わった。人前で明るくふるまうことができるようになったのはもちろんだが、そればかりでなく、「人間性の明るさ」までも、私は手に入れることができたのである。今、塾を経営していて、子どもたちに、「人間は変わることができるんだ」と力強く言えるのも、このときの経験、いや灰田勝彦先生のおかげに他ならない。19歳で生まれ変わった私の19年サイクルは、今3周を終え、4周目に入ったところだ。少なくともこの4周目の間は、今手がけている仕事を大成させるべく、力強く生き抜こう。そんな決意をさせていただいた今日、2021年(令和3年)10月26日は、三十九年分の感謝を込めて、灰田先生が1954年(昭和29年)に歌われた「白銀の山小舎で」(作曲はお兄様の灰田有紀彦先生)を歌わせていただいた次第である。


https://www.youtube.com/watch?v=1gfwVje_ENk 白銀の山小舎で


令和3年(2021年)10月26日
小田原漂情

posted by hyojo at 23:47 | Comment(0) | TrackBack(0) | 言問ねこ塾長日記

Vol.308 感謝と誓いとを

2021年10月16日

 自分自身が年齢を重ねて来ると(還暦まであと1年とすこし)、ものごとの見え方、とらえ方が、ずいぶん変わって来るものだと感じる。故灰田勝彦先生が亡くなられた1982年(昭和57年)10月26日、私は大学2年生で、満年齢では19歳だった。

 そして勝彦先生のお兄様でいらっしゃる、故灰田有紀彦先生が亡くなられたのは、1986年(昭和61年)10月16日のことである。35年が経過して、今日がご命日だ。その時は23歳だった。信州蓼科の貸別荘の一室で、上司や同僚を前にして「鈴懸の径」「森の小径」などを歌った覚えがある。その当時でも、二十代前半の若僧が灰田先生ご兄弟の歌に親しんでいて、折にふれて歌わせていただくということは、めずらしく、奇異の目で見られることも多かった。現在のようにネットで40年、50年前の歌が気軽に見つけられる時代ではない。当時まだFMラジオでなら、時おり特集番組が組まれることもあったけれど、「なつメロ」は盆暮れのテレビ放送以外、苦心してさがさなければ手に入れることのできない、貴重なコンテンツだったのである(灰田先生ご兄弟、特に有紀彦先生には、ハワイアンを日本に伝えて下さった特筆すべきご功績があり、「なつメロ」のくくりだけにおさめてしまうことはできないのだが、本稿で過去にいく度か紹介させていただいているため、今日はこの記述のみにとどめさせていただく)。

 19歳だった1982年、23歳だった1986年、そのどちらも、私は無限の未来を持っている若者で、人生の終わりなどはまったく考えていなかった。40年近く経った現在も、まだ還暦にはすこし間があるし、幕引きが近いなどとは毛頭考えていない。しかし場合によっては、不測のことがあっても不思議はないという諦観が、40年前と違って身近に感じられるようになってはいるであろう。また、そろそろ「子どものような」というよりは「孫のような」と言った方が良い年代の子どもたちと毎日接していて、自分自身の年齢を如実に感じることも多くなっている。

 ところで1982年、19歳の頃の私は、時間的に無限の未来は持っていたかもしれないが、精神的には、青春の痛みにおぼれかけている若者でもあった。それがたとえば今、子どもたちに、「失敗は取り返せる、自分を変えることもできる」と心底から語れるのは、1982年以降、灰田先生ご兄弟の明るい歌を学び、歌わせていただくことで、自分自身が文字通り「生まれ変わった」からにほかならない。ことに先述の「痛み」を昇華させてくれたのが有紀彦先生ご作曲の「森の小径」であり、勝彦先生のファルセットの歌声であったことを思う時、ご兄弟への感謝の思いは、どれほど汲んでも尽きることがないのである。

 今日10月16日、その感謝の思いをあらためてここに記し、かつて私の人生を救って下さった佳曲の数々を伝えて行くことを、自分自身にも誓っておきたいと考える。


令和3年(2021年)10月16日
小田原漂情
posted by hyojo at 23:52 | Comment(0) | TrackBack(0) | 言問ねこ塾長日記

Vol.307 時代をつなぐもの

2021年08月21日

 今日は令和3年、2021年8月21日である(私自身の必要のために記しておくが、土曜日だ)。28年前、すなわち1993年(平成5年)のこの日に、藤山一郎先生が亡くなられた。当時30歳だった私にとって、それはずっと迎えたくないと念じつづけていた、太陽のごとき藤山先生との、永の別れの日であった(一般に知らされた、つまり私がその報に接したのは、2日後の8月23日のことだった)。

 今日、この日を迎え、日付が変わる時間を前にして一文をしたためるにあたり、心に思うことがある。それが表題の、「時代をつなぐもの」ということだ。

 私は1963年(昭和38年)2月の生まれで、現在58歳である。藤山一郎先生は、1911年(明治44年)4月のお生まれで、亡くなられたのは82歳の時であった。その時私は名古屋に住んでいたが、藤山先生のご逝去が伝えられ、ご葬儀の日程と、お通夜の前にもご自宅に設けて下さった祭壇にお花を捧げにうかがうことができると知り、仕事を半日で切り上げて弔問にお邪魔した(この点で、昨年からのコロナ禍のため、慕う方とのお別れの時を持てない今日は、ことに「ファン」である人たちにとって、つらいことだと思う)。

 弔問におうかがいした日のことは、以前も書いている。だから今日は、この一日、いろいろ思い返していて、今私の心を占めている一曲について、述べたいと思う。それは1947年(昭和22年)に先生がお歌いになった、『浅草の唄』(サトウハチロー作詞、万城目 正作曲)についてである。

 じつは『浅草の唄』は2曲あり、戦前の1933年(昭和8年)にも、西城八十作詞、中山晋平作詞の同名の歌を藤山先生が歌われている。その意味ではこの歌のタイトルそのものが、時代をつないでいるのだが、私が今日お話ししたいのは、戦後のサトハチロー作詞、万城目 正作曲の歌についてである。また私自身の個人的な思い出に属するものであることを、お断りしておきたい。

 これも以前に当ブログ(コラム)で書いたことだが、私は高校3年くらいから、当時「懐メロ」と言われていた昭和前期の流行歌が好きで、少しずつその年代の歌を覚えては、自分でも歌うようになっていた(10年ほど前から少々YouTubeへの投稿もさせていただいている)。そのような青春時代に慕い、憧れるようになったのが、藤山一郎先生であった。今でこそ40年、50年前の音源(さらに画像)をネット上で視聴することもたやすいが、40年前、私が大学に入った頃は、ラジオのFM放送から録音するのが、もっとも身近に、古い時代の流行歌を手元で聴くことのできる方法だった。また著名な歌い手のヒット曲は、戦前のものでも、LPレコードに収録されていて、当時はまだ中古版なら、SP版からの復刻のものも手に入る時代であった。私はSPレコードそのものを再生できる蓄音機を購入するまでのことはできなかったが、SP復刻版を含め、当時入手した藤山先生のLPレコードを3枚ほど、現在も所有している。

 そんな二十代のある日、FMラジオからの録音であったが(エアチェックと呼ばれていた)、先述したサトウハチロー作詞、万城目 正作曲の『浅草の唄』(昭和22年=1947年の方)を、私は手に入れたのである。1980年代後半のことだ。当時の浅草は、今(2019年まで)のようにはにぎわっておらず、それゆえ『浅草の唄』(戦前版・戦後版を問わず)の情緒を、多分に残していたように思われる。その浅草に、私はしばしば足を運んでいた。浅草の町が伝えてくれる情緒に、強く惹かれていたのだろう。そんな私を、たずねるたびに浅草は、やさしく迎えてくれるようだった。

 だから私が、録音することのできたサトウ・万城目版の『浅草の唄』をすぐに覚え、折にふれ歌うようになったのは、自然なことだった。そして数年たってから、今は鬼籍に入られて長いこともあるためお名前を挙げさせていただくが、(短)歌誌『心象』の重鎮であられた岩崎勝三氏に仙台でお目にかかった際、駅ビルの中の飲食店の隅の方の席で、私は『浅草の唄』を歌わせていただいたのである。店員さんがそっと見に来たようだったが、様子を見ると何も言わずに下がってくれ(後で詫びを言ったのは当然のことである)、そして岩崎氏は、大いに喜んで下さった。氏はお若いころ浅草に住んでおられ、そのことをお書きになったご著書(随想集『さよならの前に』、同『増補 さよならの前に』)を、拝読してもいたのであった。そして氏は、藤山先生よりいくつかお若い、大正のお生まれでいらした。

 年代だけから数えれば、岩崎氏は私などよりはるかに上の年代で、藤山先生とほぼご一緒の年代の方である。しかしお生まれが大正であることと、岩崎氏から文庫本の、藤山一郎著『歌声よひびけ南の空に』をいただいたことが、私の藤山先生への敬慕と理解を深め、今また若い人や、子どもたちにも、明治、大正のことを伝えるバックボーンとなっていることを思い合わせると、岩崎氏から私が受け継いだものの大きさと、それを与えていただいた私が「時代をつなぐ」役をも受け取っていることを、思わずにいられない。まだまだこれから、私が若い頃多くのことを教えていただき、救っていただいた先人のお教えを、このあとの時代の若い人たちに伝えるべく、「時代をつなぐ」ことを、私のつとめとして再認識しようと考えた、8月21日であった。

令和3年(2021年)8月21日
小田原漂情


posted by hyojo at 23:41 | Comment(0) | TrackBack(0) | 言問ねこ塾長日記