言問ねこ塾長日記

季節講習会のご案内をしてまいります。

Vol.267 最近気になる、いくつかの誤用について

2017年06月26日

 「誤用」というのは、言葉の使い方の誤った例のことである。よくいうところの、若者の話し言葉、同じく若者のSNS上のやりとりにとどまらない。いわゆるネット記事はもちろん、新聞や雑誌、テレビ局のニュース記事(文字で示されたもの)、またそれらの媒体で目にする「識者」の文章まで含め、さまざまなところで、言葉の誤用、すなわち日本語の乱れをつきつけられて、辟易(へきえき)することが多いので、少しお話ししたい。

 とはいえ、これまでにもいく度か書いていることをはじめにお断りしておくが、言葉は時代により変化するものだということを、私もよく承知している。私の語彙や知識、語感だけがあらゆる場合に通じる尺度でないことは十分承知しており、その上でなお、「ちょっと首をかしげざるを得ない」誤用の例について、私見を述べてみたい。

@「○○ではなく」

 「これは私の独断ではなく、以下に列挙する例からも顕著に判断できる、誤解のパターンです」というような文でいう、「ではなく」についてである。例文は、まず妥当な例であろう。が、次のような場合はどうか。

 「彼女はそのとき、つと吹いて来た風に吹かれて、白でなく、うす紅色のスカーフを選んだ。」

 助詞の使い分けで、「すると、彼が歩み出た」、「すると、彼は歩み出た」の例などのように、主格をあらわす格助詞の「が」と、他と明確に区別する副助詞の「は」の違いを学ぶことがあるのだが、「ではなく」と「でなく」においても、前に置かれることがらを区別し強調する「ではなく」が、単に「AでなくB」をあらわすだけの意味の文で用いられている例を、よく見かける。というより、本来は「でなく」であるはずの記述で「ではなく」と書かれているものが近年ほとんどのようであり、まさにひところ流行った「贈らさせていただきます」という「さつき言葉」のようで、辟易する。

A「○○な」

 「○○な」という表現は、本来は「○○だ」という形容動詞の連体形の表現である。これに対して、「名詞」+断定の助動詞「だ」の、品詞の違いを問う設問が、入試などでは多くみられる。「勇敢な」は形容動詞「勇敢だ」の連体形だが、「名人だ」は、「名人」+「だ」というたぐいである。
 しかし「名詞」+「だ」の場合でも、「○○な」というような言い方が許容されるようになり、あげくのはてには「進取の気風」の「進取」さえ、「進取な」などとされているコピーまで見かける次第である。

 このような「誤用」を、ただ見過ごしているとどうなるのか。私自身、千年以上におよぶ言葉の変遷の、現在いちばん先っぽにちょこんと置かれた人間の一人にすぎないから、決定的なことを言えるはずはない。ただ、言葉や価値観が大きく変わる時代には、それを容認する立場と否定する立場の双方が、つねに存在したはずだ。私は後者であることを自負しているから、その立場からの発言であることを明言した上で、次のことを言いたいと思う。

 まず、かんたんに言って、言葉は大切に使うべきだ。軽い言葉は、多くの人が信用しない。その意味において、安易な誤用を容認するべきではない。たとえば、「可能な限り」という意味で、「あたうる限り」と言った公人がいた。これは「誤用」である。「能う(ふ)」はハ行四段活用で、「限り」にかかる連体形も「あたう(ふ)」である。「あたうる」は、「与える」の意味の「あたふる」である(いまこの記事を書いていたら、「能うる」や「能える」が変換されて、ぎょっとした)。

 言葉が変遷して行くことは、止められない。しかし明らかな「誤用」を放置することは、規範をゆるがせにし、一時的、恣意的な判断で、どんなことでもまかり通る世の中の雰囲気を生み出して、人々が生きにくい社会のあり方、ある者にとって都合の良い空気づくりを、助長して行く。もっとはっきり言えば、間違いに寛容な、いや鈍感な社会になって行く危険性を、「誤用の放任」は、はらんでいるのである。

 これも国語を守る立場にあり、国語というステージで生きる者のつとめとして、表明しておきたい。
posted by hyojo at 01:13 | Comment(0) | TrackBack(0) | 言問ねこ塾長日記