言問ねこ塾長日記

季節講習会のご案内をしてまいります。

Vol.275 まる7年をかぞえて 

2018年03月11日

 今日14時46分、あの東北地方太平洋沖地震、東日本大震災の発生から、まる7年の時を迎えた。未だに7万人以上の方たちが避難生活を送っているという。報道の中で気になったのは、最愛の家族をなくした方たちの中においてさえ、「あの時のことを忘れないため」に、何かをしようとしているという内容の記事が見られたことである。

むろん、その当事者の方たちが気になるのではない。家族をなくした方たちでさえ、当時のことを忘れることがありうると感じるのだから、(私を含め)被災地以外に住んでいて、生活や身の回りの人々に被害がなかった人たちの記憶の中では、あの震災は遠い過去のことになってしまっているのではないかということが、気になったのだ。

 私自身は、書くことで、自分自身に何かを課することを習慣づけている。己の身の上に関することもそうであったし、あの震災のことに関しても、このブログのほか、いくつかの方法で書くことを、「忘れずにあるべき」手法として来た。

その意味で、今日は次の二つのことを記しておきたい。あれ以来ずっと不通であったJR山田線の宮古−釜石間がようやく復旧成り、来年3月から三陸鉄道に編入され運転再開されること、いま一つは常磐線の未開通区間も、再来年3月の全線運転再開をめざしているということである。

山田線宮古−釜石間が三陸鉄道となることで、現在の南リアス線盛から北リアス線久慈までが、三陸鉄道リアス線として統合されるという。三陸鉄道の経営という面から見ると手放しで喜ぶだけの話ではなく、厳しい予測や覚悟もあることだろうが、不通だった宮古−釜石間の運転が再開されることは、歓迎すべきだろう。途中に気仙沼線、大船渡線のBRT区間は存在するものの、三陸縦貫線が全線つながるのである。

そして常磐線の全線再開が果たされれば、震災で断たれた太平洋沿岸の路線がすべて、営みを再開するのだ。

このことに関して、私自身に何ができるかはわからない。しかし震災の直後にも、私は三陸の地への報恩を誓った。その時も、方法はやがて見出されるだろうと考えた。今もまた、何ができるかはわからないが、何をおいても書くことだけは怠るまい。そのことのみが、7年を迎えた今日、私の表明できることである。

2018年3月11日
小田原漂情
posted by hyojo at 22:06 | Comment(0) | TrackBack(0) | 言問ねこ塾長日記