言問ねこ塾長日記

季節講習会のご案内をしてまいります。

Vol.302 国語における危機感の共有を

2021年05月28日

 「危機感」と言っても、新型コロナウイルス禍について言うのではない。無論そのことと無関係でもないのだが、子どもたちの「国語力」、とりわけ「読みとる力」の低下について、杞憂ではなく、ひとつの危機感を表明しようという意図である。

 「読みとる力」とは、「国語」の範疇で言うなら、文章を読んで、その文章が伝えようとしている意図や背景を正しく受けとり、さらにはそこから自分自身の身にひきつけて自身の考えを組み立てる力のことを指す。あるいはもっと単純に、「算数」の文章題で、問われている内容、何を答えるべきかということを、的確にとらえる力のことでもある。

 この「読みとる力」の低下を、近年とりわけ強く感じている。算数の文章題のことは、2010年に立ち上げた言問学舎ホームページの「国語力の重要性」の項でも、図解入りで取り上げてあるが、その記事を作った11年前と比べても、同じ条件で「問いの意味がわからない」子の比率が確実に増えている。国語についても同様、あるいはさらに深刻であると言えるかも知れない。

 私は2010年前後から、こうした国語力、読みとる力の低下は、デジタル的なものの社会への浸透が一因ではないかと考え、発信してきた。文章を読んで何かを見つけ出すということは、主体的な、アクティブな営為であるが、デジタル的なものは、それと比べれば明らかに受け身の部分が大きい。答えは待っていれば出て来ることが多かろうし、そもそも「答えを見つける」方向に、環境も学習者も置かれるというのが本質的な性格であろう。しかし文章を読んで内容を読みとることは、「(用意されている)答えを見つける」こととは異なり、学習者自身が自分の心(さらに言えば存在)と対話して、自分なりの受けとめ方を決定することであり(意識していなくとも、そういう営為だという意味で)、「待ち」ではなく、「攻め」の行動なのである。

 また、文章を読むことは、時にしんどいことでもあり、おのずと忍耐力を要求される場合もある。当然、「結果」を得るまでに、時間を要することもある。

 コロナ禍に翻弄されるうち、時代は2020年代に入っているが、いま現在、多くの子どもたちに、先述した本質的な「攻め」の学びの姿勢と、学びの場での忍耐力が、大きく欠けていることに気づかされる。それは今世紀に入ってからの、デジタル的なものの身めぐりへの浸潤と、大人の社会がより強く結果を求めるようになり、それが子どもたちの学びの世界にも及んでいることが、もたらしているのではないだろうか。

 真の国語を教える立場からの危機感を、少しでも多くの方に共有していただくことを切に願って、筆を置く。

※言問学舎としての取り組みは、「ひろく一般のみなさまへ」中、<AI時代だからこそ、「読む力」を育てましょう!>として公開済みです。ぜひご一読下さい。
http://blog5.kotogaku.co.jp/article/188700016.html AI時代だからこそ、「読む力」を育てましょう!
posted by hyojo at 14:38 | Comment(0) | TrackBack(0) | 言問ねこ塾長日記