言問ねこ塾長日記

季節講習会のご案内をしてまいります。

Vol.274 恩師を思う

2017年11月09日

 11月、霜月。普段は受験が近づき、受験生を鼓舞する記事を多く発信させていただいているが、この季節はまた、「喪中」の知らせが届きはじめるときでもある。

 昨夜帰宅すると、中学の3年間、韻文学クラブで短歌をはじめ文学を広く教えて下さり、3年次には国語の授業でもご指導を賜った恩師の奥さまから、先生が2月にお亡くなりになったという葉書が届いていた。やはり、という思いに言葉を失う。毎年いただいている年賀状を、今年は目にしておらず、案じ申し上げていたのである。

 5年ほど前、鎌倉で、先生はご自分の絵の個展を開かれた。その際、妻とともにお邪魔して、お話をさせていただいた。私自身、直接お目にかかるのは、高校を卒業してはじめてのことだったかも知れない(高校時代に母校の文化祭に行き、当然韻文学クラブの教室に顔を出している)。先生はその時、「最近は文学からは遠ざかり、もっぱら絵ばかりを描いているよ」と教えて下さった。しかし、私が短歌あるいは韻文の韻律を学んだのは、このA先生がはじめてである。

 「韻文学クラブ」だから、必然と言えるのかも知れない。だが私にはいま一つ、自分が現在言問学舎で国語を教えていて、このA先生のお教えを如実に感じる瞬間があることを、先生への感謝の思いを書き記すためにも、ここで語らせていただきたい。

 <三代の栄耀一睡のうちにして、大門のあとは一里こなたにあり。・・・> 

 松尾芭蕉の『おくのほそ道』、「平泉」のくだりの冒頭である。このくだりは私自身、中学生の時から一字一句忘れたことのない、音韻のすぐれた名文であるが、実はいま、おもに中3生の子どもたちにこのくだりを音読して聞かせるとき、それを読む自分の根底にあるのは、四十年ほど前に中学校の教室でA先生が中3の私たちに読んで下さった、あの音調であることを感じとり、「師」の教えの大きさを身にしみて感じることがある。

 もちろん、私もその後四十年以上、いろいろな勉強をし、実際に平泉へ足を運びもして、さらに自分なりの工夫も加えているから、当時先生がお読みになったそのままの読み方をしているのだとは、考えていない。しかし、子どもたちの心をつかむよう、あるいは心にひびくようにと、思いをこめて音読するとき、私の耳の奥に聞こえているのは、あのときの先生のお声のように思えてならないのだ。

 また、5年前の先生のお顔をデジタルカメラのファイルの中から探し出し、私が先生を撮影させていただいた1枚を見つめると(ほかに2枚、家内が私と先生を写したものがある)、四十年前の中学生当時、授業中に「小田原!」と、読解の答えを求める視線を向けて下さったお顔そのままで、嗚咽をこらえることができなかった。その当時、「小田原は読解力がある」と授業中に皆の前でほめて下さったことも、国語に対しての自信を深めることになった経験として、忘れられない。

 私は小さな私塾の教師ではあるが、私自身に大きな国語の力を教えて下さり、強く生きる道を教えて下さった先生方が私に与えて下さったもの、それを今度は私自身が、一人でも多くの子どもたちに伝えて行くこと、そして子どもたちの国語の力をできる限り伸ばすことで、先生方のご恩に応えたい。そのことを改めて心に誓って、私に国語と文学、短歌の道を開いて下さったA先生に、感謝の思いをささげるばかりである。

 先生、ありがとうございました。





posted by hyojo at 15:13 | Comment(0) | TrackBack(0) | 言問ねこ塾長日記
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。
この記事へのコメント

この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/181525634
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。
この記事へのトラックバック