言問ねこ塾長日記

季節講習会のご案内をしてまいります。

Vol.300 「為すべきこと」のひとつを成して

2021年03月01日

 2011年、平成23年3月14日の当ブログに「Vol.37 瞑目」として書いた記事の結びに、次の一文を記してある。

 「やがて、昔日の報恩のために為すべきことは見出されよう。」

 日付からおわかりいただけると思うが、「昔日の報恩」とは、若いころ大きな旅の慰めと恩恵を受けた三陸の地が東日本大震災で深甚な被害を受けたことに対し、その恩に報いることであり、そのために何ごとかを為さなければならぬという率直な思いを、つづったものである。

 あの日から、まもなく十年のときが訪れる。先に引用した文章を書いた当時は、なりわいとして当然のことではあるが何日も塾を空にすることはできず、また原発事故の影響をおそれて都内の人の動きもぴたりと止まってしまったため、新入塾生を迎える春の時期に多大な影響が塾の経営に及んだこともあり、何をすることもかなわないというのが実情であった。それ以上に、かつて経験したことのない惨状を前にして、「何かをしなければ」という思いこそ募るものの、現実として動けることは何もない、そんな忸怩たる思いと焦りとを、当ブログにも記していた。だが、震災発生後3日目に記した「為すべきこと」とは、もっと前の段階として、私は物書きとしての自分のつとめを、この震災と向き合って果たさなければならぬという、ある種の自覚だったと思う。

 私は大学3年の時、奥松島と通称される、現東松島市の宮戸島を訪れて、はじめて三陸の地を踏んだ。大学卒業後、親友が宮城県気仙沼の高校の教員として同地に赴任したため、たびたび遊びに行って、三陸の土地に親しんだ。今にして思えば、癒えることのない青春の胸の痛みを、大いに癒やしてもらっていたように感じられる。その三陸の地が、あのような惨禍に見舞われたことに対して、私は書くことで、その恩に報いなければと思ったのである。いや、思ったというよりは、そのような衝動に突き上げられていたというべきであろうか。

 しかし、被災した場所をまったく目にしないままで、空想、夢想のように、作品を書くことはできなかった。2012年の9月に、三陸ではないが福島県いわきに足を運ぶことができ、そこで旧友に海岸の被災跡を案内してもらい、震災の被害の一端を、目におさめることができたのである。

 それから、半年に一度のWeb同人誌『Web頌(オード)』の発表時期にあわせ、計6回、2年半にわたって、小説「たまきはる海のいのちを‐三陸の鉄路よ永遠に」を書いたことが、第一の、「為すべきこと」の実行であった。

 小説「たまきはる海のいのちを‐三陸の鉄路よ永遠に」は、東日本大震災で犠牲になられた方々への追悼と、津波の被害によって一部区間の鉄道事業継続ができなくなったために寸断された「三陸縦貫鉄道」の顕彰を、志している。だからWeb同人誌で発表しただけでなく、「紙の本」として出版することが、その次の目標であり、「為すべきこと」だった。しかし既存の出版社からそれを刊行してもらうことを、実現することはできなかった。

 かねてお伝えしている通り、言問学舎では一昨年の春から、自社で国語教材の出版を開始した。出版事業の立ち上げに当たっては、当然『たまきはる海のいのちを‐三陸の鉄路よ永遠に』の刊行も、視野に置いていた。そしてこのほど、三陸の鉄道の貴重かつ希少な写真のご提供をいただくなど、多くの方の大変ありがたいご協力をいだいた上で、『たまきはる海のいのちを‐三陸の鉄路よ永遠に』を言問学舎から、出版する運びとなったのである。奇しくも東日本大震災の発生から満十年のときを迎えるこの3月の出来(しゅったい)となった。「為すべきこと」のひとつを、これで成し終えることになると思うので(もちろん、これですべてが終わりではないのだが)、ここにご報告させていただくものである。あわせて、本書の出版が亡くなられた方々の鎮魂のつとめを果たすよう、願わずにいられない。

※『たまきはる海のいのちを‐三陸の鉄路よ永遠に』は、2021年3月1日17時より、言問学舎にて販売を開始します。全国の書店(一部)に配本されますし、各地のどこの書店からも注文可能です。またアマゾンなどのネット書店でも、ご購入いただけます。総ページ272ページ、本体1600円+税、税込1760円。

表紙PDF.jpg
posted by hyojo at 01:09 | Comment(0) | TrackBack(0) | 言問ねこ塾長日記

Vol.299 「余震」のあとに

2021年02月14日

 2021年(令和3年)2月13日夜、福島県沖を震源とするマグニチュード7.1、福島県や宮城県で震度6強を観測した、強い地震が起こった。10年前に東日本大震災を引き起こした東北地方太平洋沖地震(2011年3月11日14時46分に発生、マグニチュード9.0)の余震と見られるのだという。14日夜に電話で話した仙台在住の友人は、「10年ぐらい余震はあると言われていた」のだと教えてくれた。

 ひるがえって思うのは、2011年(平成23年)4月7日夜に宮城県の牡鹿半島沖を震源として起こった、マグニチュード7.4の強い地震のことだ。3月11日の本震は東京でも震度5強を観測し、私自身が経験したもっともはげしい揺れだった。その後東京でも感じる余震が多かったことと、3月11日に多数の犠牲者を出した津波への恐怖から、余震のたびに、東京にいても恐ろしい思いをしていたのである。そこへ夜遅くに(23時32分)起こった強い余震だつたから、その夜は正直、生きた心地がしなかった。実際に東北地方では3人の方が亡くなられ、200人以上の負傷者が出たということだった(死傷者の数は2011年4月11日時点に確認したもの)。昨夜の地震の際も、震源に近く10年前に被災されている福島や宮城の方たちは、どんな思いをなさったことだろうかと、案じるばかりであった。

 加えて明日15日は、低気圧で天候が乱れ、福島の浜通りには大荒れの予報が出されているようだ。昨夜の地震の余震に対する注意も呼びかけられている。昨夜の地震で被害のあった地域の方々には十分にご注意いただきたいし、衷心よりお見舞い申し上げるよりない。そして地震や悪天候が大きな被害を生まぬよう、祈るばかりである。
posted by hyojo at 23:58 | Comment(0) | TrackBack(0) | 言問ねこ塾長日記

Vol.298 「ヨーデル」がもたらしてくれたもの

2020年10月26日

 毎年10月26日、灰田勝彦先生のご命日に、港区の麻布十番にある先生の菩提寺のお墓参りをさせていただくようになって、十数年になる。亡くなられてから、今年で38年もの時間が経過した。当時私は19歳だったから、その時の自分の年齢の2倍の年月を、灰田先生の明るい歌とともに生きて来ることができたのである。今日はお墓の前で、長い時間、そのことに感謝して頭を垂れていた。いつものように秋のおだやかな日ざしがお墓に差し上げた水のおもてにきらめいて、明るく照り返していた。

 拙著『遠い道、竝に灰田先生』(1992年10月画文堂版)にも書いてあるし、本稿でもいく度か述べたことがあると思うが、灰田勝彦先生の『アルプスの牧場』を歌えるようになりたいと、私は19歳の時に深く念じ、教えてくれる人もいなければ教本などもない裏声(ヨーデル)を出すために2か月あまり手さぐりで練習した。そしてようやく『アルプスの牧場』が歌えるようになったのだが、そのことは自分でも予想もしていなかった、「人格の明るさ」を手に入れる結果につながった。

 今、言問学舎を経営していて、生徒や検定受検で訪れた方たちの保護者の方々から、「先生の明るい人柄が・・・」というお言葉を頂戴することがあるが、それは灰田先生の明るい歌唱を身につけようと努力したことが、結果として身にもたらしてくれた幸いなのである。

 今日はそんな幸いを思いながら、灰田勝彦先生が自らヨーデルを聴かせるために作曲なさった『アルプスのヨーデル唄い』を歌わせていただいた。今年から「言問学舎」として新しく立ち上げたYouTubeのチャンネルに投稿したので、ご紹介させていただく次第である。

https://www.youtube.com/watch?v=MnSmgazHqoI アルプスのヨーデル唄い

令和2年(2020年)10月26日
小田原漂情
posted by hyojo at 20:26 | Comment(0) | TrackBack(0) | 言問ねこ塾長日記