言問ねこ塾長日記

言問学舎舎主・小田原漂情のブログです。

Vol.317 40年間、ありがとうございました!

2022年10月26日

 今日10月26日は、灰田勝彦先生のご命日である。10日前、お兄様の有紀彦先生のご命日の時は、今年の10月は晴れの日が少ない、と書いたが、今日は雲ひとつなく晴れ渡り、澄み切った青空のもと、例年通りに、麻布十番にある勝彦先生のお墓にお参りさせていただいた。

 灰田勝彦先生がお亡くなりになったのは、昭和57(1982)年のこの日である。当時私は19歳、大学2年生だった。すでに昭和前期の流行歌が大好きだったが、酒の酔いに呑まれ、流されるような生活から、「新雪」など灰田先生の明るく健康的な歌を覚えたいと考えはじめた矢先のことだったのである。

 それゆえ、灰田先生がお亡くなりになったことの衝撃は大きかった。すぐにレコードと、当時自宅になかったレコードプレーヤーを買いに行き、一生懸命灰田先生の歌を練習した。「アルプスの牧場」のファルセットは出せるはずもなかったが、メロディーだけでも覚えようと思って練習するうち、どうしてもファルセットで歌いたくなって、2ヶ月あまり来る日も来る日も練習(挑戦)した。そのかいあって、真似事ながら何とか歌えるようになったのである。

 それまで自分の力で何かに挑戦し、結果を勝ちとったことがなかった私にとって、毎日ファルセットに挑んで何とかものにすることができた経験は、非常に大きなものだった。のみならず、それから二十代、三十代にかけて友人の結婚披露宴などで「アルプスの牧場」を歌ううち、私は「人間性の明るさ」というかけがえのないものを、灰田先生のおかげで身につけていたことに気づいたのである。

 明るさだけではない。灰田先生は、常に正しく、まっすぐに生きる方でいらした。例を挙げると、終戦後ビクターから決まった専属料を受け取らなかった(会社の復興に貢献するため)、野次を飛ばす酔客をステージに引っ張り上げてポカリとやった、楽屋で先輩に挨拶をしない若手の歌い手をしかりつけた、などなど、正義感にあふれたふるまいを数々残されている。また野球のチームでは常にエースで四番であり、「王選手にバッティングの講義をした」という逸話もある。

 明るく、正しく生きること。そして人間性の明るさが、私が灰田勝彦先生に与えていただいた大きな大きな財産である。私はまもなく満60歳、還暦を迎えるが、60年の人生の中の40年を、灰田先生のおかげで正しく生きてくることができたのである。その40年分の感謝の思いを、今朝ほどお墓参りにうかがって、ささげて来た。そして40年という大きな節目であるから、今日は「東京の屋根の下」と「水色のスーツケース」の2曲を歌わせていただき、YouTubeにアップした次第である。

https://www.youtube.com/watch?v=_gECj5a34V8&t=10s 東京の屋根の下

https://www.youtube.com/watch?v=5tjRt49n7As&t=276s 水色のスーツケース

 今日書いた内容のほとんどは、30年前に出版した拙著『遠い道、竝に灰田先生』に書いてあることでもある。しかし同署の刊行からでさえ30年も経っているし、先生が亡くなられて40年という大きな節目の日であるから、改めて当時のことを書かせていただいた。そして最後にひとこと、この場において、灰田先生への感謝の思いを述べることを、おゆるしいただければ幸いである。

 灰田先生、40年間、ほんとうにありがとうございました。

令和4(2022)年10月26日
小田原漂情
posted by hyojo at 23:43 | Comment(0) | TrackBack(0) | 言問ねこ塾長日記

Vol.316 豊かな美しいメロディーと・・・

2022年10月16日

 秋晴れの日が少ない10月である。1日、2日の土日はよく晴れていたが、日差しが強すぎ、気温も30℃近くまで上がって、夏が戻って来たような陽気だった。それからは雨模様の日が多く、澄んだ空気に透き通るような青空を、私は目にしていないように思う(言問学舎は建物の構造上、地下1階に位置しているため、一度出社してしまうと、夕方子どもたちが登塾するまで、外の様子を見ないことが多いためもある)。

 今日は快晴とはいかなかったが、夕刻までは雨も降らず、午後出かけた際は雲の切れ間から時おり青空を見ることもできた。わずかながら、今日のこの日にふさわしい秋の空を眺めることができ、心安らぐものを覚えた。

 ハワイアンに詳しい方はご存じだと思うが、今日、10月16日は、「鈴懸の径」「森の小径」などの作曲者でいらっしゃる灰田有紀彦先生のご命日である。お亡くなりになったのが1986(昭和61年)のこの日であるから、今年で36年が経過した。私が「鈴懸の径」や「森の小径」を覚えたのは19歳の時だった。それから40年、私は有紀彦先生がこの世に送り出して下さった美しいメロディーに、ある時は救われ、ある時は友を思って、自身の存在の深い部分を託して生きてきたのだと思う。

 昨夜は学生時代の親友が岩手の山で採り、舞茸や山葡萄と一緒に送ってくれた栗を家内と二人で剝き、栗ご飯を炊いた。栗の皮を剝いている間、「鈴懸の径」のメロディーがずっと聞こえているようだった。そのため会社から持ち帰って来ていた仕事も今日に繰り延べ、昨夜は栗剝きが仕事のようなものであったが、ただ忙しくパソコンに向かうよりも、ずっと豊かな時間であったと思う。そのような豊かな時間を、灰田有紀彦先生の豊かな美しいメロディーが、静かに紡いでくれるのである。

 このような音楽と出会え、ずっと一緒に生きて来られたことは、掛け値なしに幸せなことだと思う。信じる道を歩む時に、いつも自分を支えてくれる、かけがえのないメロディー。いつまでもその魅力につつまれ、できれば若い人たちにも、その力を伝えていきたい。


2022(令和5)年10月16日
小田原漂情

 
posted by hyojo at 23:46 | Comment(0) | TrackBack(0) | 言問ねこ塾長日記

Vol.315 生きる道のひとつ‐表現者として

2022年09月05日

 私が常日ごろ、故灰田勝彦先生と故藤山一郎先生に私淑しており、お二方を人生の大恩人と敬愛していることは、毎年10月26日と8月21日のご命日に当ブログ(言問ねこ塾長日記)で申し上げている通りである。

 十代の終わりから二十代、三十代にかけて(1970年代の終わりから1990年代)、私がもっともよく聴き、歌っていたのは、当時「懐メロ」と言われていた、1931(昭和6)年ごろから1950年代の前半あたり(おもに昭和二十年代の後半まで)にかけての、日本の「流行歌」である。その時代を代表する大歌手でいらしたのが、藤山一郎先生であり、灰田勝彦先生であった。藤山先生は1993(平成5)年8月21日に、灰田先生は1982(昭和57)年10月26日に、お亡くなりになっている。

 お二方がなぜ私の人生の大恩人であるのか、またお二方への私の思いということは、これまでも、またこれからも毎年ご命日に述べることであるゆえ、今日は少し違う観点から、昭和前期の流行歌についての私の考えと、営為とをお話しさせていただきたい。

 先述した通り、私は十代の終わりごろから、昭和前期の流行歌を聴き、歌うことに熱中していた。灰田先生、藤山先生のほかに好きなのは、伊藤久男さん、津村謙さん、近江俊郎さん、岡本敦郎さん、小畑実さん、竹山逸郎さん、松平晃さん、楠木繁夫さんなど。女性では淡谷のり子さん、松島詩子さん、二葉あき子さん、平野愛子さんといったところである。

 評価や歴史的な流れは措くとして、ひとことで言えば、昭和前期の流行歌はみな言葉が美しく(例外として「措いた」部分を除き)、歌唱が正確である。さらに、昭和20年代(終戦の年を除く1946年〜1954年)の流行歌の一部には、格調高く、美しい一群の抒情曲が存在した。こうした歌が、青春期の私の心情にぴったりであったこと、自身のよりどころと感じられたことが、その大きな理由であったと思われる。考えようによっては文学以上にそれらの歌にのめりこんでいた時期があったことを、還暦を目前にした今になって、実感することがある。

青春期に打ち込んだものをそのまま置き去りにすることなく、形にしておきたいという欲求が心奥にあるのだろうということを、否定するつもりはない。しかしそれ以上に、往時から私の考えの中に、昭和前期のすばらしい文化を継承し、伝えて行くことを、表現者としての自己の使命、生きる道のひとつと捉えるものがたしかにあった。還暦を迎えようとする今、その思いは確実に深くなっている。

東日本大震災で亡くなられた方、被災しておられる方々に届けたいと考えて、灰田勝彦先生の『新雪』を歌い、YouTubeに投稿したのが2011年のことであった。その後2015年から、灰田勝彦先生のご命日などに、言問学舎の舎内での簡素な歌と録画ではあるが、昭和前期の流行歌を歌い、伝える活動をつづけている。自分自身が還暦を迎えることと、この活動も12年間、十二支のひとめぐりを迎えるため、良い機会と考え、存念を述べさせていただいた次第である。

この夏は、岡本敦郎さんが歌われた『リラの花咲く頃』(寺尾智沙作詞、田村しげる作曲、1951年)『高原列車は行く(丘灯至夫作詞、古関裕而作曲、1954年)、『白い花の咲く頃』(寺尾智沙作詞、田村しげる作曲、1950年)を歌わせていただき、YouTubeに投稿させていただいた。今後も、表現者としての私、小田原漂情の生きる道のひとつとして、この営みをつづけて行く所存である。このことは私が提唱し、実践している「真の国語」教育と無縁でなく、ひいては子どもたちの将来にも資するものだということが、私の信念の一つでもある。

https://www.youtube.com/watch?v=_8uGfi4Gmuc 白い花の咲く頃 小田原漂情唄

https://www.youtube.com/watch?v=K35EiTmnHKU&t=264s 高原列車は行く 小田原漂情唄

https://www.youtube.com/watch?v=OyPizP0SHFc リラの花咲く頃 小田原漂情唄

posted by hyojo at 16:20 | Comment(0) | TrackBack(0) | 言問ねこ塾長日記